身近な製品を生み出す製造機械の種類と役割

モノ作りの基礎情報

受け継ぐということ

研磨加工はモノ作りにおいて最終的に商品として買っていただくためには必要不可欠な過程です。 モノ作りの仕上げで各会社の製品として堂々と世の中に出すために見た目の綺麗さや触り心地、使い心地などはとても重要なこととなります。 ただ単純に使えるか否かだけでなく最終的な仕上がりに大きく関わるのです。...続きを読む

基礎となりうる工程

製造するものによっては基礎とも言うことができるかもしれない切断加工はモノ作りにとってとても大切な工程であり、この工程がなければ始まらないものでもあります。 よって、切断方法やそれに伴った機械は多様にあり、目的に応じて使い分けることが重要なこととなります。...続きを読む

素材によってのくっつけ方

モノ作りの過程で、物と物をくっつけることがあると思います。 例えば布製品でしたら縫い合わせますし、紙製品でしたら接着剤などで貼り合わせます。 それと同様に製品が金属でしたら溶接加工をして溶融させてくっつけるのです。 その方法や方法に合わせた溶接機も多様にありますので見てみましょう。...続きを読む

おすすめリンク

無線機の専用販売店

専用販売店だからできるこの品揃え!すでに廃盤になった無線機から定番品までなんでも揃う

商品としての仕上げ作業

昨今、日本のモノ作りが注目されています。
日本だけではなく、多くの国ではその国民性や歴史によって得意分野が違うものです。
それぞれの国の歴史とも言える伝統工芸は、日本の場合、竹細工、和紙、織物、染め物、漆器など地域によってさまざまにあります。

伝統工芸の多くは機械だけではなく職人さんの手作業で一つ一つ丁寧に作られている場合が多く、機械を使った量産型のものとはまた違った魅力が存在します。
伝統工芸はその名の通り、長く受け継がれてきたもので、それが時代とともに少しずつ使いやすいように変化したきたものです。
これからも伝統を受け継ぎつつ、良い方向での変化が必要となります。
その為には伝統を受け継ぐ人が必要不可欠となるのです。
しかし量産型のもとは違い、職人さんの技術を習得するのにはとても時間と手間が必要なため後継者となりうる人も多くはなく、それぞれの土地の象徴とも言える伝統工芸品はこれから少なくなっていってしまうのかもしれません。

時代の変化とともに私たちが普段使う日用品や洋服や文房具などは工芸品とは比べ物にならないほどに便利で使いやすい物へと変化してきました。
もちろんそれは日本人の努力であり、外国の素晴らしい発想のおかげでもあります。
私たちが快適に暮らすことができるのは現代の機械技術や量産型でも品質を落とさない企業努力があってこそです。
だからと言って昔からある技術や工芸品が不必要なわけではなく、ものによっては職人さんの手作業からできた道具のほうが優れている場合もありますし、日常では使わなくなってしまったものでも日本の伝統文化として受け継いでいくことが大切なこととなります。